お客様の声

お客様の声

  1. HOME
  2. お客様の声一覧
  3. 本気で検討したいと思える案件の率が高く、実際に物件を売買できました。

お客様の声斉藤麻依(仮名) 様

本気で検討したいと思える案件の率が高く、実際に物件を売買できました。

斉藤麻依(仮名) 様

参加プログラム:再建築不可、格安物件仕入れ

セミナーに参加する前は「絶対ナシ!」と思っていました(笑)しかし、同じ再建築不可に分類されていても、実際には本当にダメなものと、そうでないものがあり、物件を見極めることでリスクのより小さいものを見つけられるということが分かりました。サポートそのものだけでなく、実際に物件を買ったり売ったりができた点にも満足しています。メンタル的な部分も助けて頂けて有り難かったです。

斉藤麻依(仮名)様 について

斉藤様は千葉の旗竿敷地の物件を購入されました。当初、旗竿部分と本地の接道部分が2mに満たない状態でしたが、境界の確定をしたなかで2m接道して通常申請できる物件になりました。そのため、再建築の可能性もC判定からA判定(90%以上)になった物件でした。 
※旗竿の土地については、古い測量図では2mに満たないケースもありますが、確定測量後、2m間口がとれて通常申請できる物件の事例もございます。

弊社プログラムを知ったきっかけ



Q:簡単な自己紹介をおねがいします。

斉藤麻依(仮名)と申します。職業は自営業で、家族は夫と子供と3人家族です。

不動産以外の投資はしたことはないのですが、不動動産投資は12年前くらいにはじめてアパートを買って、それから何件か区分などの購入・売却をしております。

Q:弊社を知ったのはいつ、どんなきっかけだったでしょうか。また、プログラムに参加されたのはいつ頃でしょうか。

2018年9月頃に、法的瑕疵(格安物件)プロジェクトのセミナーに参加したのがきっかけです。それから再建築不可のプロジェクトに参加したのは、1年後です。
法的瑕疵プロジェクトが終わってから再建築不可に参加しました。

Q:プログラム参加前にご不安な部分、お悩み等ございましたでしょうか?

資金面では、参加する前のセミナーなどでだいたいイメージができました。
それ以外の知識面や、実際に再建築可能にしていけるのかとか、そもそも多くの方が普通の物件を探すのにも苦労するので、こういう物件をちゃんとみつけられるのかなというのが不安でした。

Q:再建築不可物件に対して、最初はどのようなイメージをお持ちでしたか?

セミナーに参加する前は「絶対ナシ!」と思っていました(笑) なので、見向きもしなかったのですが、法的瑕疵プロジェクトの延長ということもあり、プラスのイメージに段々と変わりました。

Q:プログラム参加後のイメージに変化はありましたでしょうか?

当初は再建築不可の物件はほぼ全部ダメで、100%永久に変わらないというか、変えるのは相当大変というイメージでした。

しかし、同じ再建築不可に分類されていても、実際には本当にダメなものと、そうでないものがあり、物件を見極めることでリスクのより小さいものを見つけられるということが分かりました。



サポートプログラム参加後の活動内容



Q:プログラム参加後は、どれくらいのペースで物件を探されましたか?

最初はメールで送っていただく案件を精査するのが精いっぱいでしたが、慣れてくるにしたがって週末にネットでザーっと見て、数十件ヒットしたものを絞り込むといったことができるようになりました。
最終的には、週に数十件とかのペースで探せるようになりました。

Q:どのようなサイトで再建築不可物件を探しましたか。また、ご自身なりの探し方のコツがありましたら教えてください。

教えて頂いたサイト(スーモ、不動産ジャパンなど)を一通り見ていました。その中でも自分が使いやすいというサイトがあったので、そのサイトを常に見るようにしました。
また、それ以外のサイトもローテーションを決めて見るようにしていました。

Q:様々な物件を見る中で、今回の物件(千葉県の物件)を購入しようと思った決め手は何でしたか?

サポートを受けはじめて5ヶ月ほど経っても物件が買えない状態でした。とにかく「買えないこと」が一番のリスクだと考えていましたので、「このまま買えないのは嫌だ!」と思っていました。

ちょうどそんなときに案内のメールが届き、記載されていたのがその千葉の物件でした。物件のエリアや金額を考えると「これはチャレンジしないともったいない!」と思い、最終的に契約しました。

Q:物件購入時にご不安な点はありましたか?

物件を売ってくださったのが、初めてお付き合いする業者さんだったので、どんなところなのかが気になりました。でも、LINEサポートに質問して、どういうつながりがある業者なのか、これまでの経緯などを教えていただいたので安心して購入できました。

Q:購入後ですが、どのように販売活動されたのでしょうか。

売主が業者さんでしたので、そのままお願いして、エンドさん向けに住宅情報サイトに載せてもらうなどしていただきました。最終的に、仲介業者に入って頂いて売却できました。
とにかく売主が業者さんだったので、仲介業者とのやり取りもスムーズに進み、比較的販売しやすかったです。

Q:売却できたときの実感はいかがでしたか?

最初は売れたら「やったー!」という気持ちになるのかなと思っていたのですが、実際には契約した時期がコロナ禍の3~4月で、その直後は一般の方からの反応が全く無い時期が続いたので、売れた時は「ホッとした」というのが正直なところです。

Q:購入された方がどのように物件を活用されているかなど、分かる範囲で結構ですので教えていただけますか?

購入されたのは個人の方です。古い戸建てなのですが、まずは倉庫として使われるとお聞きしました。

Q:法的瑕疵プログラムと再建築不可物件プログラムに参加されて、良かった点がありましたら教えてください。

まず、プログラムのサポート内容をセミナーで事前にお話されていましたが、私がそれをお聞きして期待していたサービスを、参加後にきちんと受けられた点が良かったと思います。
当たり前といえばそうなのかも知れませんが、私がこれまで色々なサービスを受けてきた経験からすると、こういうサービスを受けられることは滅多にあることではないと思っています。また、事前に伺っていた内容に加えて、随時新たな取り組みをされている点も良いと思いました。勉強会など追加の内容もあり嬉しかったです。



サポートプログラムに参加された感想



Q:サポート内容について、率直な感想をお聞かせください。

率直に満足できました。

まず、案件のご紹介についてですが、一般の業者さんが無料で送っておられる物件情報とは全く違い、本気で検討したいと思える案件の率が高かったと思います。
当然ながら、最後は自己責任ですが、質の高いレポートが別途付いていました。はじめはこのレポートの勉強と、物件の検討で手一杯になるくらい情報が濃かったです(笑)

また、必要な情報をまとまった状態でデータを提供してくださったので、その点も良かったと思います。しかも、情報は随時更新されており、網羅性が高いと思いました。これを自分一人で作ろうとしたら、かなり難しかったと思います。
更に、LINEグループ(※)で質問をするとすぐに返してくださる対応の速さにはびっくりしました。もちろん、案件を絞った後の個別の内容確認や検討、実際の投資は自己責任ですが、メンタル的な部分も助けて頂けて有り難かったです。

サポートの中でも、特にこの3つの満足度が高くうれしかったです。またサポートそのものだけでなく、実際に物件を買ったり売ったりができた点にも満足しています。

※LINEグループには役員、総務、保険事業部など常時10名以上の弊社スタッフが加入。机上査定やご相談については、基本的には各プログラムの担当者が回答します。
常時返信できるという訳ではありませんが、可能な限り早くコメントをお返しできる体制を整えております。

Q:プログラムに参加されて、ここを改善して欲しいという点がありましたら教えてください。

悪かった点というほどでもないのですが、サポートのLINEグループには沢山の方が入っておられて、その中のどなたかがご対応下さるのは有難かったです。その方のご経験や相性などもあると思いますが、特に分かりやすく説明してくださるなと思う方もいらっしゃいました。
でも、文章でのやりとりだけなので、グループの皆さんがどういう方々なのかとか、不動産の経歴などを伺うことができませんでした。また、全員とやりとりができたというわけではなく、全くやりとり出来ずに終了した方もおられたので、もっと他の方々にも「どんな取り組みをされているのか?」などを伺ってみたかったです。

Q:今後の不動産投資展開はどのように考えておられるでしょうか?

今回、リスクに見合った利益が得られと感じています。
しかし、再建築可能にしていくプロセスは売主さんが主にしてくださったので、自分で経験できませんでした。
物件の見極め力を身に着けることが大切だと実感したので、再建築可能にすることについて更に勉強していきたいです。また、普通の不動産投資と両方勉強しながら拡大できればと思います。もちろん再建築不可物件も、いい物件があれば、2件目、3件目と取り組んで、リスクの範囲内で拡大できたらと考えております。



先輩としてアドバイスしたい点



Q:再建築不可物件を扱う投資法は他の人にもお勧めしたいと思いますか?

率直に言って、みなさんにお勧めできる投資法ではないと思っています。
不動産投資には色々な方法がありますが、ローンでレバレッジをいっぱいかけてリスクをとる方法もありますし、できるだけ自分は手をかけずにやるのもひとつの方法だと思います。いずれにしても、できるだけ手をかけたくない方には向いていないと思います。一方、再建築不可物件は、自分でしっかり勉強をして、いい物件を見極め、その上でリスクを勉強することでカバーしていく投資法です。そういう勉強や行動ができる人には、すごく向いていると思います。

Q:最後に、再建築不可物件の投資を検討されている方にアドバイスがあればお願いします。

この投資法は、「何を買っても比較的リスクが低くて、そこそこリターンがある」というものでもなく、むしろ自分が取りたいリスクを見極めて投資をすることで、リスクに見合ったリターンがある手法だと思います。

今後、不動産価格の上下は物件によって大きく違って来ると考えられるので、興味のある方はリスクをしっかり見極められるように信頼できるところでしっかり学んで、力を身につけた上でぜひチャレンジしていただきたいと思います。